heiwa (2012年3月11日 00:00) | コメント(0)

東日本大震災から今日で1年。

思い返すとあっという間でしたが、被災地では復興が進んでいるようで

進んでいない現状が続いています。

 

年長組の子どもたちも東北地方の人に何かしてあげたいという気持ちから

お手紙を書いたり折り鶴やお花を作っています。

また毎日お祈りもしています。

IMG_7494.JPG

IMG_7496.JPG

IMG_7499.JPG

子どもたちの気持ちを気仙沼の保育所と南三陸町のホテルへ春休みに

直接届けに行こうと思っています。

幼稚園の子どもたちの中でも「土曜日に家族で東北に行ってお花をあげてくる」と

言っていた子どももいました。

小さな子どもたちにとっても1年前の大地震はきっと忘れられない出来事なのでしょう。

 

IMG_7485.JPG

(園庭の紅梅も開花しました)

 

私たちにできることは、いったい何なのでしょうか。

答えは分かりませんが、最後は祈り続け、祈りをあわせることしかないのかもしれません。

今日の午前中は教会の礼拝で祈りました。

そして地震発生時刻の14時46分、日本中で祈りがあわせられました。

 

私自身はサッカーのパパリーグがあり、花見川の花島公園グランドでサッカーの試合を

していました。試合も中断され公園内にも黙祷のアナウンスとサイレンが鳴り

公園にきていた皆さんとともに祈りをあわせました。

自分には家族もいて帰る場所もあり、好きなこともできる。

東北地方の方々の現状を思うと悲しくて涙が出てきました。

 

今は亡きマザーテレサがノーベル平和賞を受賞した時

「世界平和のために我々は何をするべきか」という質問に

『帰って家族を大切にしてあげてください。』

とマザーテレサは答えたそうです。

 

被災された方々は、家族を失い、大切な人を失い、

家族を労わることさえできず、悲しんでいます。

 

家族を労わること(特に奥さんを労わること)が

今一番大切なことなのかもしれません。

 

被災された方々が少しでも元気を取り戻すことができますように

お祈りいたします。

 by 副園長

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

検索する

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

ブログトップに戻る