阪神淡路大震災

heiwa (2012年1月17日 00:00) | コメント(0)

阪神淡路大震災から17年

今年は関西の他に東北でも祈りがささげられていましたね。

17年前、学生だった私は段ボールにダウンジャケットや洋服を入れ神戸へ

送った記憶はありますが、現地へボランティアに行くという考えはまったく

思い浮かびませんでした。

そう思うと東北の被災地でボランティア活動をしている若い人たちは、

たくさんのことを考えている人たちなんだなと思います。

 

年末、夏のボランティアの時に宿泊した南三陸ホテル観洋の東京営業所の方が

へいわ幼稚園に来園し、被災地の現状報告をしてくださいました。

被災地では冬場ということもあり、現在ボランティアが激減しているそうです。

そして年始に東京営業所の方からメールと写真が送られてきましたので

抜粋した文章を転記します。

↓ ↓ ↓ ↓

『年末年始で気仙沼に帰省しましたのでその時の画像を何枚か添付いたしますので、
皆様でご参照していただければと思います。
鉄筋コンクリート以外の建物は大体撤去されていますが地区によっては手付かずの場所もあります。
復興までまだまだ時間がかかりそうですが、一歩一歩前進しております。
もう元通りにはならないのですが、新しい町を作ることは出来ます。
ただ地元だけでは力の限りもありますので今後も皆様のご協力をいただければ幸いです。』
 
フェリー乗り場(1).jpg
フェリー乗り場
 
気仙沼漁港1(1).jpg
気仙沼漁港
 
気仙沼向洋高校(1).jpg
気仙沼向陽高校
 
鹿折地区(1).jpg

鹿折地区

 

屋台村(1).jpg

屋台村

屋台村入口(1).jpg

屋台村入口

 

東京営業所の方は、本来は気仙沼の本吉地区在住だそうですが、住宅も被災し、

家族は仮設住宅住まいを強いられ、昨年の秋から単身東京に赴任してきているそうです。

現地のボランティアの減少の他にも、仕事がなく人が被災地を離れざるを得ない状況もあり

人がだんだん減ってきているそうです。

現状報告を伺い、一番感じたことは『被災地を忘れないでほしい』という現地の方の思いでした。

今は寒いのでボランティアでなくとも観光でもいいので、被災地に人が集まることが

一番必要のようです。

もうすぐ大震災から1年。春休みにまた被災地に行かなくてはと思っています。

by 副園長

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

検索する

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

ブログトップに戻る